新着情報

RSS

注文住宅で、屋上は必要? 〜メリット編〜

2017/03/09

こんにちは、株式会社松本工務店です。注文住宅をご検討中の方の中には、屋上を作るべきかどうか悩んでらっしゃる方も多いのではないのでしょうか。実際、屋上は必要なのかいらないのか作ってみないとわからないですよね。そこで今回は、そんな方のために、屋上を作ることのメリットについて詳しくお話しさせていただきます。

屋上を設けることで得られるメリットは主に4つあります。

まず、屋上なら煙が立つようなバーベキューや花火などを行ってもご近所にかかる迷惑があまりないことがメリットとして考えられるでしょう。特に、住宅が密集している地域ならなおさらです。また、屋上であれば庭で行うのと違って、あまりご近所の視線を気にする必要もないでしょう。

また、子供を遊ばせる場所として最適です。屋上なので、親の監視は必要かもしれませんが、住宅街などで車どおりが多い地域なら、比較的屋上の方が安全ですし、子供ものびのびとあそぶことができますよね。ずっと家で遊んでいるよりも外で遊んでいる方が子供にとって心身ともに健康的ですし、こういった面も屋上のメリットの1つでしょう。

次のメリットとしては、夜に星空を眺めたり、静かな時間を落ち着いて楽しめる点です。天体観測が趣味の方も、中にはいらっしゃるかと思います。そういった方には、屋上はなくてはならないものでしょう。また、そういった趣味がなくても、物事をゆっくり考えたい方などにも屋上は重宝されるでしょう。

最後のメリットとしては、洗濯物を思いっきり乾かせる点です。まず、屋上ということで、晴れの日なら全面から洗濯物に日光を当てることができますし、下着などデリケートな衣類も周りの目をきにすることなく干すことができます。また、スペースがあるので、布団などを一気に干すこともできるでしょう。

いかがでしたでしょうか?

屋上には上記のようなメリットがあります。しかし、デメリットもしっかり理解しておく必要があります。次回は、屋上のデメリットについてご説明させていただきます。

理想の注文住宅を建てるために!失敗しない間取り計画!〜部屋の広さ編〜

2017/02/13

前回から注文住宅でよく見られる間取りの失敗についてご紹介しています。
今回は「部屋の広さ」に焦点を当ててどんな失敗があるのかを見ていきたいと思います。

・子供部屋が狭い
小学生の時は十分な広さであった子供部屋も、子供が成長するにつれて物の量も増えていき、その分部屋が狭く感じてきてしまう、といった失敗があります。
最近の小学生はリビングで宿題や勉強をすることが多いので、部屋は遊んだり、寝るためだけに
利用するだけで、学習机も部屋に置いてない場合があります。
しかし、中学生以上になると部屋で勉強するようになり、机が必要になってきます。
また、中学、高校で扱う教科書、問題集の量はとても多くなっていきますし、場合によってはパソコンを置くスペースが必要だったり、スポーツ系クラブ活動などで使用する用具類などを収納するスペースが必要だったりと結構な量の収納も必要になってきます。また、面積は十分なものの、部屋の形状が細長い長方形だったりすると、ベッドや学習机を置く場所が無く、とても不便に感じてしまいます。

​こうならないために、子供部屋でも十分な広さを確保しておく必要があります。


・子供部屋の広さがまちまち
他の部屋との間取りの関係上、2つある子供部屋の片方は広く、片方が狭くなってしまい、兄弟ゲンカが起こってしまった。といったことも多くあります。

子供にとってみれば、間取りの関係上、片方の部屋が広くて片方の部屋が狭いだなんてことは知ったことではありませんよね。
子供のことを考え、できる限り両方の部屋とも同じくらいの広さにしておくことをオススメします。


・寝室が狭い
「寝室は寝るだけのスペースだから、そんなに広くなくていいだろう」
そう思って寝るのに十分な広さにしたものの、いざテレビやドレッサーを置いたら、ベッドを置くスペースがかなり狭くなってしまったといった失敗も見られることがあります。
リラックスするスペースである寝室で、空間的に圧迫感を感じるようでは意味がありませんよね。

そうならないために、あらかじめ置く家具を設計図面に書き込むことをオススメします。
そうすれば寝室のイメージも付きやすく、寝室に必要な広さも十分確保できると思います。


・トイレが広すぎる
トイレの横幅を広く設けてしまうと、体の小さいお子様は座ったままでトイレットペーパーを取るのが難しくなります。
狭すぎるのも問題ですが広すぎるのも問題です。程よい広さを心掛けておきましょう。


いかがでしたでしょうか。
注文住宅の設計時は、マイホームの希望に溢れているせいか、思わぬ点で見落としてしまっている部分が出てきます。
長きにわたって住む家ですから、失敗をしないためにも、実際の生活をイメージし、子供の成長などを見越した将来性のある間取りを考えましょう。

リフォームをするならエコリフォームでより快適な暮らしを〜メリット編〜

2017/01/12

前回はどのような施工がエコリフォームにあたるのかをご紹介しました。
ではエコリフォームをすればどのようなメリットがあるのでしょうか。
今回はそのメリットについてご紹介していきます。


・光熱費削減
エアコンで掛かる電気代は全体の50%以上を占めるほど重大ですから、この電気代を節約する努力をしている方も多くいられると思います。
しかしエコリフォームをすれば住宅が断熱性の高い住宅となり電気代節約効果が大いに期待できます。
エアコンで温かくなった空気や冷たくなった空気が外の温度のせいでぬるくなるといったことを避けることができ、効率よくエアコンを使用することができます。
10年、20年と長期の視野で見れば光熱費の削減額は大きいものとなります。
浮かした光熱費を他のことに回すことができるのでうれしいですね。

・遮音性が高い
気密性や断熱性が高い住宅はおのずと遮音性も高くなります。
例えば小さなお子様が多いご家庭やピアノなどの楽器を演奏するために時折大きな音を立ててしまうとご近所迷惑となりトラブルにもつながってきます。
エコリフォームをして気密性・断熱性の高い住宅にすれば大きな音を出してご近所迷惑になるといったことを軽減できます。
また外からの大きい音も遮音することができるので、周りの騒音に悩まされることもなくなるでしょう。

・補助金を受け取れる
平成28年10月11日から「住宅ストック循環支援事業」としてエコリフォームに対する支援が実施されています。
補助額はリフォームの工事内容に応じて定める額となり、補助限度額は30万円となります。
高い費用がかかるエコリフォームですが、この制度を利用すればお得にエコリフォームを行うことができます。
補助金を受け取るにあたり、手続きが複雑で難しいので弊社のような登録業者と一緒に手続きを進めていくようにしてください。


いかがでしたか。
エコリフォームをするとさまざまなメリットを享受できます。
リフォームををご検討の際は是非エコリフォームをご検討ください。

リフォームをするならエコリフォームでより快適な暮らしを〜予備知識編〜

2017/01/10

家が古くなったから・壊れたからという理由でリフォームを検討なさる方が多くいらっしゃると思います。
より快適で暮らしやすい住まい環境を作るために「エコリフォーム」をしてみてはいかがですか。
エコリフォームとは普通のリフォームに比べて、エアコンなどによるエネルギーの消費量を少なくする、地球に優しいリフォームとなっています。
またエアコンなどによるエネルギーの消費量が少なくなることで光熱費を抑えることもできるので人にも優しいリフォームとも言えます。


今回は実際にどのようなリフォームがエコリフォームのあたるのかをご紹介していきます。

・窓の断熱改修
内窓設置、単板ガラスから複層ガラスへの交換、サッシごとの窓交換を行うことで断熱効果をUPさせます。
これらの処置は断熱効果があるだけでなく、結露を少なくする効果や防犯性能向上も期待できます。

・外壁、屋根、天井または床の断熱改修
部屋の内側の壁や天井、床を取り去り、断熱材を使用するのと同時に気密層を設けることによりすきま風を防ぎ断熱性能と気密性能を向上させます。
いくら断熱をしっかり施しても、すき間があれば熱は逃げていきます。
気密と断熱の両方をきちんと施工することで断熱効果を発揮することができます。

・太陽光発電の導入
太陽光発電の燃料は太陽の光のみなので、光熱費を抑えることができます。
自然エネルギーを利用することでCO2排出量の削減も可能です。
太陽光発電をうまく利用している方の中には発電して余った電気を電力会社に売って自分の家の利益にしている人もいます。

このようなエコリフォームをすることによって冬は暖かく、夏は涼しい快適な住宅を実現できます。
エコリフォームをする箇所が増えれば増えるほど住宅の省エネ効果はどんどん高まっていきます。
住宅そのものが省エネ効果の高いものになれば光熱費を抑えるのも容易になり、日々の節約に悩まされることも軽減されます。

ここでお得な情報です。
京都市では上記のような省エネリフォームを行うと補助金が出る制度があります。
上記以外にも外壁や屋根に遮熱塗料を塗った場合や窓に遮熱フィルムを
張った場合、庇の設置や高断熱浴槽の設置でもOKです。
それらの組み合わせで最大50万円出ます。

いかがでしたか。
次回もエコリフォームについてご紹介していきます。
リフォームをお考えの方は是非ご覧ください。

注文住宅のデメリット

2016/12/02

前回は注文住宅のメリットについてお話しました。
やはり全てオーダーメイドで作る家はあこがれますよね。
しかしどのようなデメリットがあるのかを理解しておくことも必要です。
今回は注文住宅のデメリットについてお話します。


前回もお話したように全てが自由に設計できるため、設計に非常に時間がかかってしまいます。工事にとりかかるまでに間取りを決めたりするのにも業者と打ち合わせをしなければなりません。自由とはいえ素人の考えだけで全てを決定することは出来ませんから、希望と予算や広さを考慮して最も良い間取りを決めていくのです。

また、幅広い価格帯の素材から選ぶため、人によっては自分で決めることが段々と面倒になってくるかもしれません。
それを選ぶのにもまた時間がかかるのです。
そして、工事にとりかかってからも、建売住宅のように規格品を使用するわけではありませんので、工事自体も時間がかかってしまいます。


そして時間がかかることや好きな素材を選べることから価格が高くなってしまうのです。
素材を決める際は価格を考慮することを忘れてはいけません。
家づくりは決められた予算のなかでおこなうものなので、何でもかんでも好きな素材を選ぶ
訳にはいかないこともあります。
こだわる部分にお金を掛けて、そうでないところでは節約するというバランスが必要です。
そんなことを一緒に考えてくれる建築業者さん建ててもらいましょう。


また、土地を持っていない場合は土地の購入から始めなければなりませんので更に手間とお金がかかります。

さらに、注文住宅だからといって自分の思い通りにならなかったということがあります。
建売住宅ならもう家が建っているため生活のイメージが具体的に出来るのです。
しかし、注文住宅は頭の中のイメージや図面のみで、完成するまで実際の家がどうなるのか分かりません。せっかくの注文住宅がイメージと違ったなんてことになると非常にショックですよね。
そうならないために、業者と打ち合わせを重ね、可能であれば同じ素材を使ったモデルルームなどに見学に行くことや完成した住宅の見学会などに足を運ぶことをお勧めします。

いかがでしたでしょうか。
注文住宅には自由に設計できるメリット以外にデメリットもあることが理解いただけたでしょうか。
次回は建売住宅のメリットについてお話します。
前のページへ次のページへ

▲ページのトップに戻る

〒615-8106 京都府京都市西京区川島滑樋町37番地の1

● 京都府知事許可 (般-24)第4938号
● 京都府知事免許 (12)第3801号
● 京都府知事登録 1級建築士事務所 (26A)第02430号

リフォームでも新築でもお気軽にお問い合わせください。TEL:075-392-1234
対応エリア一覧
対応エリア一覧

京都市を中心にサービスを展開しております。
(西京区・右京区・下京区・南区・中京区
・上京区・北区・伏見区・東山区・山科区・左京区)
向日市・長岡京市・大山崎町…他

上記エリア以外でも対応できる場合がございます。まずはご相談ください。