新着情報

RSS

リフォームをするならエコリフォームでより快適な暮らしを〜メリット編〜

2017/01/12

前回はどのような施工がエコリフォームにあたるのかをご紹介しました。
ではエコリフォームをすればどのようなメリットがあるのでしょうか。
今回はそのメリットについてご紹介していきます。


・光熱費削減
エアコンで掛かる電気代は全体の50%以上を占めるほど重大ですから、この電気代を節約する努力をしている方も多くいられると思います。
しかしエコリフォームをすれば住宅が断熱性の高い住宅となり電気代節約効果が大いに期待できます。
エアコンで温かくなった空気や冷たくなった空気が外の温度のせいでぬるくなるといったことを避けることができ、効率よくエアコンを使用することができます。
10年、20年と長期の視野で見れば光熱費の削減額は大きいものとなります。
浮かした光熱費を他のことに回すことができるのでうれしいですね。

・遮音性が高い
気密性や断熱性が高い住宅はおのずと遮音性も高くなります。
例えば小さなお子様が多いご家庭やピアノなどの楽器を演奏するために時折大きな音を立ててしまうとご近所迷惑となりトラブルにもつながってきます。
エコリフォームをして気密性・断熱性の高い住宅にすれば大きな音を出してご近所迷惑になるといったことを軽減できます。
また外からの大きい音も遮音することができるので、周りの騒音に悩まされることもなくなるでしょう。

・補助金を受け取れる
平成28年10月11日から「住宅ストック循環支援事業」としてエコリフォームに対する支援が実施されています。
補助額はリフォームの工事内容に応じて定める額となり、補助限度額は30万円となります。
高い費用がかかるエコリフォームですが、この制度を利用すればお得にエコリフォームを行うことができます。
補助金を受け取るにあたり、手続きが複雑で難しいので弊社のような登録業者と一緒に手続きを進めていくようにしてください。


いかがでしたか。
エコリフォームをするとさまざまなメリットを享受できます。
リフォームををご検討の際は是非エコリフォームをご検討ください。

リフォームをするならエコリフォームでより快適な暮らしを〜予備知識編〜

2017/01/10

家が古くなったから・壊れたからという理由でリフォームを検討なさる方が多くいらっしゃると思います。
より快適で暮らしやすい住まい環境を作るために「エコリフォーム」をしてみてはいかがですか。
エコリフォームとは普通のリフォームに比べて、エアコンなどによるエネルギーの消費量を少なくする、地球に優しいリフォームとなっています。
またエアコンなどによるエネルギーの消費量が少なくなることで光熱費を抑えることもできるので人にも優しいリフォームとも言えます。


今回は実際にどのようなリフォームがエコリフォームのあたるのかをご紹介していきます。

・窓の断熱改修
内窓設置、単板ガラスから複層ガラスへの交換、サッシごとの窓交換を行うことで断熱効果をUPさせます。
これらの処置は断熱効果があるだけでなく、結露を少なくする効果や防犯性能向上も期待できます。

・外壁、屋根、天井または床の断熱改修
部屋の内側の壁や天井、床を取り去り、断熱材を使用するのと同時に気密層を設けることによりすきま風を防ぎ断熱性能と気密性能を向上させます。
いくら断熱をしっかり施しても、すき間があれば熱は逃げていきます。
気密と断熱の両方をきちんと施工することで断熱効果を発揮することができます。

・太陽光発電の導入
太陽光発電の燃料は太陽の光のみなので、光熱費を抑えることができます。
自然エネルギーを利用することでCO2排出量の削減も可能です。
太陽光発電をうまく利用している方の中には発電して余った電気を電力会社に売って自分の家の利益にしている人もいます。

このようなエコリフォームをすることによって冬は暖かく、夏は涼しい快適な住宅を実現できます。
エコリフォームをする箇所が増えれば増えるほど住宅の省エネ効果はどんどん高まっていきます。
住宅そのものが省エネ効果の高いものになれば光熱費を抑えるのも容易になり、日々の節約に悩まされることも軽減されます。

ここでお得な情報です。
京都市では上記のような省エネリフォームを行うと補助金が出る制度があります。
上記以外にも外壁や屋根に遮熱塗料を塗った場合や窓に遮熱フィルムを
張った場合、庇の設置や高断熱浴槽の設置でもOKです。
それらの組み合わせで最大50万円出ます。

いかがでしたか。
次回もエコリフォームについてご紹介していきます。
リフォームをお考えの方は是非ご覧ください。

耐震補強について

2017/01/06

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。


新年1回目のブログは建物の耐震性を上げる補強方法についてご紹介致します。
今回ご紹介するのは耐震補強です。

建物の耐震性を考える上で、真っ先に思いつくのが、建物自体の強度を上げることかと思います。
建物自体が頑丈で、揺れに耐えうる構造をしていれば、どんな地震が来ようと建物自体が倒壊する心配はありません。

また、建物の揺れを抑える免震補強・制震補強と比較して、建物自体を頑丈に補強していく耐震補強は、すでに建築済みの住宅であっても、簡単に施すことができます。では、耐震補強は、実際にどのように行われるのでしょうか?

耐震補強工事は建物自体の頑強さをいかに向上させるかが大事になってきます。具体的に重要なポイントは、基礎・土台の補強と、耐力壁の補強、重心のバランスなどです。

基礎のコンクリートに鉄筋が入っていることが当たり前と思われがちですが、鉄筋で補強されていない住宅も多く存在します。
特に、古い木造住宅などの基礎部分は鉄筋で補強されていない場合も多く、大きな地震が起きた際には非常に危険です。無鉄筋コンクリートを補強するには、基礎部分に新しい鉄筋を組んで、既存のものと一体化させる方法が一般的です。

また、建物の壁の量が少ない場合、あるいは偏っている場合は、地震の揺れで建物がねじれやすくなっているため、耐力壁をバランスよく配置し、建物の耐久性を向上させることが大切です。耐力壁とは、筋交いの入った壁を指しますが、最近では面材が用いられる場合もあります。耐震性の低い建物は、こういった補強材で建物の耐久力を向上させると伴に、満遍なく補強を行うことで、建物の重心のバランスを整えることも重要です。

地震大国とされる日本では、万が一、地震が来た場合に備えて、建物の耐久性をあらかじめ上げておくことが非常に重要とされます。地震が起きてからでは遅いのです。
もし、現在住まわれている住宅の耐震性に不安のある方は一度、耐震診断をすることをオススメします。
昭和56年以前に建築された住宅ですと、お住まいの地域の役所にお問い合わせしていただくと、お安く診断を受けることが出来ると思います。
また、役所が決めている耐震強度以上の耐震補強工事を行った場合、補助金ももらえます。

熊本地震は震度7という大きな揺れが立て続けに起きた初めてのケースでした。
1回目の揺れには耐えた家が2回目の揺れには耐えられずに倒壊したものが多くありました。
これからは繰り返し起こる地震に耐えうる補強が求められています。

建売住宅のデメリット

2016/12/09

前回はスムーズに購入ができるというような建売住宅のメリットをお話しました。
今回は建売住宅のデメリットについてお話します。

建売住宅は家がすでに建てられた状態で売られているため、やはりご自身が思うような間取りや設備、素材でないということが起こってします。
せっかく家を購入するのに不満があるままで購入したくないですよね。
しかし、一部間取りを変更できるような物件もありますので、なるべくご自身の意向に沿うようなものを探しましょう。
ただし、ここで注意が必要なのは追加の設備にどれだけお金がかかるのか明確にしておくことです。
注文住宅よりも安いイメージの建売住宅でもこのような部分で予算オーバーしてしまうこともあるのです。

また、広い土地にいくつもの家が建てられて売られているものだと、周りの家と同じようなデザインや雰囲気になってしまいます。
見た目にこだわりたい方は装飾で個性を出したり、外壁を塗り替えするなどをして工夫するしかありません。


更に、既に家は出来上がっているため、工事の過程を見ることは出来ません。
自分の目できちんと工事が行われているのか確認したいという方には不向きかもしれません。
後に雨漏りやひび割れのような欠陥が見つかるということも実際に起こっていますので、業者選びには注意しましょう。

また、建売住宅は増築や改築が難しいという場合があります。
なぜなら、土地の価格が高い地域では建ぺい率の上限ギリギリで建てられている場合が多く、増築すれば建築基準法違反になります。
また、改築も新築時に将来に備えて改築出来るように建ててあるものと、そうでないものとでは耐震性などにも影響が生じる場合もあり、大規模に工事をすることは難しいでしょう。


そのうえ、やはり価格を下げるためにローコストの素材が使用されていることが多いです。20〜30年で家自体の価値はなくなってしまいます。
また、薄利多売の傾向があるため、職人さん達の人件費も極限まで下げて建てられています。
人件費を抑えるとどうなるかは以前にも説明したとおりです。
そんなわけで、建売住宅はご自身のお子様まで受け継ぐというのは難しいでしょう。

いかがでしたでしょうか。
注文住宅と建売住宅のメリット、デメリットを比較してじっくり検討してみてください。

建売住宅のメリット

2016/12/05

前回までに注文住宅のメリットとデメリットを紹介してきました。
対して今回は建売住宅のメリットについてお話します。
建売住宅のメリットとデメリットを理解し注文住宅と建売住宅どちらがいいのか検討して下さいね。

建売住宅は分譲住宅とも言われ、土地に家が建てられて、土地と家がセットで売られています。土地と一緒に売られていることで、土地を探す手間が省けます。
そのため、すぐに購入し、すぐに住み始めることが出来ます。急な転勤のときも賃貸の家を借りるように、手軽に入居できるのです。注文住宅のように何度も打ち合わせをする必要はありません。忙しい方でも家がほしいという方にはぴったりでしょう。

また、建売住宅は土地代と建物代は既に決まっているため、ローンが組みやすいです。注文住宅ならどのような間取りにして、どのような素材を使うかなど何度も打ち合わせを重ね、全てが決定した時点で価格がわかるのです。そうなるまではローンの相談もしにくいですよね。建売住宅に特化した不動産会社であれば建売住宅に詳しい金融機関を紹介してくれるかもしれません。

更に、建売住宅は立地がいいという場合もあります。大きなお屋敷などが解体され、広い土地が売りに出されて、そこに建売住宅を何件か建てて売りに出されている場合があります。そのようなときは、立地が良い場合が多く、市街地に近い場所に住むことが出来るのです。通勤や通学で電車を利用することも多いでしょうし、立地のいい場所というのは嬉しいですよね。また、駅のみならずスーパーや病院などの施設も近いところを探したいですね。また、一つの土地に何件も家が建てられて売られている場合は土地の境界線が明確になっているため、トラブルが起こりにくいでしょう。更に、建売住宅を購入される方は半数以上が30代なのでお子様の年齢も近いでしょうし、地域のコミュニティが作りやすいかもしれません。

いかがでしたでしょうか。
次回は建売住宅のデメリットについてお話します。
前のページへ次のページへ

▲ページのトップに戻る

〒615-8106 京都府京都市西京区川島滑樋町37番地の1

● 京都府知事許可 (般-24)第4938号
● 京都府知事免許 (12)第3801号
● 京都府知事登録 1級建築士事務所 (26A)第02430号

リフォームでも新築でもお気軽にお問い合わせください。TEL:075-392-1234
対応エリア一覧
対応エリア一覧

京都市を中心にサービスを展開しております。
(西京区・右京区・下京区・南区・中京区
・上京区・北区・伏見区・東山区・山科区・左京区)
向日市・長岡京市・大山崎町…他

上記エリア以外でも対応できる場合がございます。まずはご相談ください。