新着情報

RSS

家計にやさしい住まいづくり「ZEH」!エネルギー消費量をゼロにする?

2018/03/27

「ZEH」という言葉を耳にする機会が多くなってきました。
ZEHは、「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の頭文字をとった略称で、エネルギー消費量が正味ゼロの住宅のことです。

「住宅で消費するエネルギーをゼロにするのは難しいのでは?」
このように思っている方も少なくありません。
実は、ここでいうゼロは、エネルギー消費量をゼロにするということではないのです。

では、この「ゼロ」は一体何を指しているのでしょうか。
今回は、家計にやさしい住まいづくりである「ZEH」についてお話ししたいと思います。

■ZEHのゼロは、エネルギー収支をゼロにすること!!

 冒頭でもお話した通り、エネルギー消費を完全にゼロにするということではありません。
ZEHとはエネルギー収支(一次エネルギー消費量−自宅での発電量)をゼロまたはマイナスにする住宅のことを指します。

省エネをしっかり行いエネルギー消費量をできるだけ少なくし、それでも必要となるエネルギー消費量と同じ量のエネルギーを創るお家のことなのです。

使う電力−創る電力が0以下 →(「断熱」+「省エネ」)−「創エネ」が0以下

■「断熱」「省エネ」「創エネ」の3点の条件を満たすことが大事!!

 では、どうすればZEHになるのか?それは、上記の条件を満たせば、ZEHと認められます。
つまり、「断熱」「省エネ」「創エネ」の3点の条件を満たすことで、ZEHは実現できます。

具体的には、壁・床・天井などの断熱をしっかり施し、断熱性能の高い窓を導入し、エアコンや給湯器などの住宅設備の省エネ性能を高め、太陽光発電システムやエネファームのような創エネ設備設置する必要があります。

■ZEHにすると、補助金が出る!?

「でも、ZEHだと、初期費用が高いのでは?」
このようにお考えの方がいらっしゃると思います。
そこで、新しくお家を建てる方がZEHを導入しやすいように、国は補助金を出してくれています。

というのも、2020年までに「標準的な新築住宅でZEHの実現を目指し」、さらに、2030年までには「新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」という背景があるからです。


 国は「ZEH支援事業」として、対象住宅に補助金を最大140万円出して、金銭的な負担を軽減するような動きを見せています。「断熱」「省エネ」「創エネ」の3点の条件を満たし、家計にやさしい住まいづくり「ZEH」の実現を目指しましょう。

しあわせな家族を築くための家づくりの秘訣とは?

2018/03/06

注文住宅をお考えのみなさん!
どのような家を作り上げるのか、家族でじっくりと話し合っていますか?
家は家族全員が暮らす空間ですから、一人の意見で決められるものではありません。
家族全員の意見をすり合わせたものとなるはずです。

さらに、完成した家によって家族の「しあわせ」が左右されることもあります。
今回は、家族がしあわせになるための家づくりの秘訣についてご紹介します!

1 間取りと機能がコミュニケーションを左右することを理解する

家族それぞれに個室を設置し、リビングを小さめに設計すれば家族のコミュニケーションは減っていきます。
一方、リビングを吹き抜けにしてそこからの声が全ての部屋に届くようにすれば、コミュニケーションは多くなります。

吹き抜けにするのは費用が掛かりすぎるという方は、できるだけリビングを広くとることをおすすめします。

また、間取りだけでなく機能によっても家族の形は変わってきます。
共用スペースが暑すぎたり、寒すぎたりするとエアコンの効いた部屋を閉め切って利用するようになり、家族の時間が減ります。

2 必ず家族全員の合意を取る
建てた家に家族全員が納得するには、それぞれの合意を取っておくことが重要です。
まずは、それぞれの新しい家に求める条件をノートに書きだしてみましょう。

そしてそれを整理して、全員が納得できる形にまでしてから、最終決定を下します。こういったプロセスを踏んでいないと、後々に不満が生まれる原因が残ってしまいます。

3 男女互いの立場を尊重する
家づくりの際に夫婦の間でもめてしまうのは、男女の違いを理解していないからであることが多いです。男性は外観やそれに見合ったコストパフォーマンスで判断を下す傾向にありますが、女性はキッチンの機能や使い勝手を重視します。

そういった視点の違いにストレスを感じることなく、相手の視点に寄り添った会話をすることが円満な家づくりの秘訣です。

以上、家族がしあわせになるための家づくりの秘訣についてご紹介しました!

一軒家とマンションの資産価値はどちらが高いの?

2018/02/27

皆さんは資産価値についてどのように考えていますか?
将来的に、マンションと一軒家の資産価値が、どのように変化していくか知っておくことは、どちらを購入するか決断する際に、とても重要だと思います。

今回は、マンションと一軒家では、資産価値にどのような特徴があるのかご紹介したいと思います。

◆マンションの資産価値
マンションの場合、所有している土地面積は小さいです。これを区分所有と言います。
そのため、マンションの資産価値は、マンションの建物全体にあるということです。

建物の資産価値は、毎年減少していくため、売る必要が出たときには、購入した金額よりもかなり安い金額でしか売れないこともあります。ただ、土地自体は大きな値崩れはしないです。
マンションの場合は駅前など立地条件が良いところは中古でも人気があるため、値崩れしにくいですが、逆に立地が良くない場合は思いのほか価格が下落することがあります。

マンションの資産価値は、約50年は持つと言われていますが、それ以降に想定される建て替えなどは所有者の80%の賛成がないと出来ないので簡単に進行する事柄ではないことは明白です。

◆一軒家の資産価値
一軒家の資産価値は、土地と建物の二つがあります。土地の資産価値は、値崩れしにくく、40年くらいは一定の価値が保たれます。建物の資産価値はマンションと比べて、資産価値の低下のスピードが速いです。

そのため、20年後くらいには建物の資産価値がゼロになる可能性もあります。ただ、一軒家の場合だと、割と簡単にリフォームや建て替えができるメリットもあります。

◆どちらが良いのか
ここまでの内容で、マンションと一軒家ではどちらにもメリットとデメリットがあることをご理解いただけたと思います。
それでは、結局どちらが良いのでしょうか。
それは、一代限りの住居として考えた場合だと、どちらでも良く、将来子供たちに資産を残したい場合は、一軒家の方が良いと言えます。

その理由は、一軒家の土地の資産価値は下がりにくく、建物がダメになったとしても、リフォームや建て替えによって、対処ができるからです。

◆まとめ
いかがでしたか?
実際にマンションと一軒家のどちらを選ぶかは、様々な観点から判断することが必要です。
しかし、資産価値のことを考えずに購入してしまうと、将来後悔してしまうかもしれません。
そのため、資産価値の観点からも、マンションと一軒家のどちらにするのかを、判断するのがよいと思います。

家族でしあわせに暮らせる家を作るために気をつけたいこと

2018/02/21

一軒家を購入するのであれば、そこで暮らす家族もしあわせにしてくれるような家にしたいですよね。

でも、どうすればそのような家づくりができるのでしょうか?
実は、そのためにはいくつか押さえておきたいポイントがあるのです。

今回は、そんなしあわせに暮らせる家づくりの4つのポイントについてお話しいたします。

■家族全員が協力的
しあわせに暮らせる家づくりを成功させた方の多くに共通することが、「家族全員がやる気である」ということです。

家づくりに興味をもって積極的にかかわっていき、そしてわくわくしながらその過程を楽しむことが成功の秘訣です。

今一人だけ盛り上がっている状態であるという方は、今のうちに一回家族と家について話し合うことをお勧めします。

■みんなの意見を尊重している
家族それぞれが思い描く理想が違い、ズレが生じることもあるかと思います。そうなったときに、お互いの意見を尊重していく姿勢が大切になってきます。
これも家づくりを成功させた方の共通点の1つです。

これから家族全員でたくさんの時間を過ごすことになるのですから、相手の意見に興味をもって聞くという姿勢を持つようにしましょう。
そうすれば、全員がしあわせに暮らせる家に一歩近づきます。

■共通の夢を取り入れている
これが成功した人と失敗した人の最大の違いです。
家族で共通の夢を持っているという状況は、その実現に向けて一丸となって努力するように自然となりますし、何よりその過程で感情的になることも少なくなります。

■信頼できる相談相手
家づくりには様々な専門家の知識や技術が必要になってきますよね。
その専門家は建築士だけではなく、営業マン、不動産会社、ファイナンシャルプランナーなど多岐にわたります。

彼らの知識や技術が確かなものかどうかも大事ですが、信頼できるかどうかという点も非常に重要なポイントになってくるでしょう。

家族間で家づくりのことで口論になったとき、信頼できる第三者の助言に救われることもあります。
自分たちのことを理解した上で専門家としての適切な判断を下せるような相談相手がいると、家づくりもうまくいきますよ。


いかがでしたか?
しあわせに暮らせる家を実現するには、家族と専門家の協力が必要不可欠です。
双方でよく話し合い、ビジョンを明確にしてそれを共有することを意識しましょう。

健康な家づくりのために!庭がもたらす3つの効果とは?

2018/02/14

一生に一度のマイホームをご購入の際には、外観、特に庭にも、こだわりを持ちたくはないでしょうか。
実は、庭は人間に、健康面で様々な良い効果をもたらします。
今回は、庭の存在が、人間に与える3つの効果をご紹介します。

●身体的効果
庭があれば、きれいに整えたい、育てたいという意識を持ちます。
毎日のメンテナンスのために、必然的に体を動かさなければなりません。
毎日少しずつでも身体を動かす習慣づけになるでしょう。

また、重い土や石を運ぶことや、かがんで植物を植えることは、良い運動になり、運動不足が解消される期待があります。


●心理的効果
植物を育てることは、五感を刺激し、感受性や感情を豊かにする効果があるといわれています。
色とりどりの植物を見ることによって、心身に良い影響を与えます。
自然界の物を触れることで、精神の安定をもたらします。
自然の中で、虫や鳥の鳴き声、風のせせらぎなどの様々な音を聞くことで、落ち着きの効果をもたらします。

また、嗅覚や味覚を味わうことによって、感情的な記憶が、蘇るという効果があるともいわれています。
つまり、人間が本来持っている、原始的で素朴な感情を取り戻すことが可能なのです。
高齢の方にとって五感を刺激することは、認知症予防につながりますね。


●環境的効果
屋外で作業をするということは、日の光を浴びるため、体が元気に、前向きになります。
日光を浴びると、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを生成されます。
骨を丈夫にするという意味でも、庭で作業をして日光を浴びることはとても大切なのです。

今回は、庭が人間にもたらす効果についてご紹介しました。
身体的効果、心理的効果、環境的効果といった様々な効果が期待でき、豊かな生活が可能になります。
健康な家を作るためにも、庭づくりは必要です。新築をお考え際には、庭づくりにこだわってみていはいかがでしょうか。
前のページへ次のページへ

▲ページのトップに戻る

〒615-8106 京都府京都市西京区川島滑樋町37番地の1

● 京都府知事許可 (般-24)第4938号
● 京都府知事免許 (12)第3801号
● 京都府知事登録 1級建築士事務所 (26A)第02430号

リフォームでも新築でもお気軽にお問い合わせください。TEL:075-392-1234
対応エリア一覧
対応エリア一覧

京都市を中心にサービスを展開しております。
(西京区・右京区・下京区・南区・中京区
・上京区・北区・伏見区・東山区・山科区・左京区)
向日市・長岡京市・大山崎町…他

上記エリア以外でも対応できる場合がございます。まずはご相談ください。