新着情報

RSS

質の高い住宅を目指すことが家計にやさしい住まいづくりにつながる?

2018/01/20

 長期固定金利住宅ローン【フラット35】Sをご存知でしょうか。【フラット35】Sは、フラット35を申し込んでいる方が、省エネルギー性、耐震性など質の高い住宅を購入される場合に、借入金利を一定期間引き下げる制度のことを言います。

「住宅購入って、金銭的な負担が重いよね〜」
「家計にやさしい住まいづくりを実現したい」
このようにお考えの方を応援する制度が【フラット35】Sなのです。

■総返済額が約72万円お得!?【フラット35】Sのメリットとは!?

 まず、【フラット35】Sが利用できた場合のメリットについてお話しします。仮に、借入金3,000万円、借入期間35年、元利均等返済・ボーナス返済なし、金利1.36%で試算すると・・・(金利1.36%→1.11%)

・【フラット35】S(金利Aプラン)なら【フラット35】より総返済額が約72万円お得
・【フラット35】S(金利Bプラン)なら【フラット35】より総返済額が約38万円お得

 金利Aプランを選択すると当初10年間金利引き下げ、金利Bプランの場合は当初5年間金利引き下げが可能です。
そして、上記のケースだと、金利を1.36%から1.11%まで引き下げることができます。

■【フラット35】Sを受けるためには!?

 では、【フラット35】Sの対象となる住宅は、どのようなお家なのでしょうか。
 【フラット35】Sの技術基準には、省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性の4つがあります。

つまり、これらの観点から質が高い住宅だと評価されれば、【フラット35】Sを受けられるわけです。
例えば、金利Aプランの場合は、以下の(1)~(6)までのうち、いずれか1つ以上の基準を満たす住宅であることが求められます。(「【フラット35】Sの対象となる住宅」より参考)

省エネルギー性
(1)認定低炭素住宅
(2)一次エネルギー消費量等級5の住宅
(3)性能向上計画認定住宅(建築物省エネ法)

耐震性
(4)耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅

バリアフリー性
(5)高齢者等配慮対策等級4以上の住宅

耐久性・可変性
(6)長期優良住宅


 【フラット35】を利用すると、総返済額が数十万円もお得になります。
省エネルギー性、耐震性など質の高い住宅を目指し、丈夫で家計にやさしい住まいづくりを実現しましょう。

弊社が建てる住宅の標準仕様は金利Aプランの基準を複数クリアしている優良な住宅です。

太陽光発電は、今やお家に必須!?家計にやさしい住まいづくり

2018/01/15

 太陽光発電は、テレビなどでも取り上げられることが増え、太陽光発電の認知度は徐々に上がっています。
実際に、最近太陽光発電の設置件数が伸びており、太陽光発電を設置しているお家や工場を見かけることが多くなっています。

では、なぜ太陽光発電の設置が増えているのでしょうか。
それは、太陽光発電を設置して得られるメリットが大きいからです。
そして、太陽光発電により、「家計にやさしい住まいづくり」が実現できます。

・主なメリットはこの2つ

 太陽光発電を設置し発電することで、家庭の電気をまかなうことができるので、結果的に光熱費を削減できます。
現在、電力自由化により、各電力会社が電気料金の値上げを行っている中、太陽光発電があればお得です。

 また、電気料金を削減できるだけでなく、電気を売ってお金に変えることができるのはご存知でしょうか。
主に、太陽光発電で発電した電力は家庭で使用されますが、使用されずに余った電力は電力会社に売ることができるのです。

 とはいっても、太陽光発電は安くない買い物です。さらに、太陽光発電の売電価格も下がっています。ですが、太陽光発電を設置することで得られるメリットは大きいと言えます。
 まず、売電価格が下がるとともに、設置価格も6年前と比べて1/2まで低下しています。

また、売電契約を結べば、結んだ年から10年間は政府が買取価格を保証し、年度ごとに固定価格で売却することが可能です。
年数が経てば経つほど、売電価格が下がることを考えると、できるだけ早く太陽光発電を設置したほうが良いと考えられます。


 太陽光発電により、家庭の電気をまかない、光熱費を削減し、もし電力が余った場合は、電力会社に売ります。
ただ、先々、売電価格はさらに下がると予想されるので、今太陽光発電を設置したほうがよいのです。
家計にやさしい住まいづくりを実現する「太陽光発電」をぜひ検討してみてください。

家計にやさしい!!「住宅ローン減税」制度を受けられる住まいづくり

2018/01/10

明けましておめでとうございます。
本年も皆様にお役に立つ情報を発信していきたいと考えております。
宜しくお願いします。


「住宅を購入するのって、やっぱり大きな壁がある」
「もう少し金銭的な負担を軽減したい」

このように、家計にやさしい住まいづくりを検討している方は多くいらっしゃいます。
そんなあなたが知っておくべき優遇制度があります。
それは、毎年納めている所得税・住民税の一部が控除されて戻ってくる「住宅ローン減税」制度です。

今回は、この「住宅ローン減税制度」がどのような制度なのかお話しします。

■一般住宅と認定住宅で控除額に大きな差がある

 住宅ローン減税制度は、住宅ローンを利用してお家を購入した場合、10年間、住宅ローンの年末残高の一定割合に相当する金額を、毎年支払う所得税・住民税から控除してくれるものです。
ただ、金額や期間などの控除内容は、居住した年月によって異なるので注意が必要になります。

・一般住宅の場合

控除期間 10年
控除率 1%
住宅ローンの年末残高の限度額 4,000万円
各年の控除限度額 40万円
住民税からの各年の控除限度額 13.65万円
合計最高控除額 400万円

・認定長期優良住宅・認定低炭素住宅の場合

控除期間 10年
控除率 1%
住宅ローンの年末残高の限度額 5,000万円
各年の控除限度額 50万円
住民税からの各年の控除限度額 13.65万円
合計最高控除額 500万円

■認定住宅を購入した方が家計にやさしい!?

 上記の内容から、一般住宅よりも認定住宅を購入した方が高い控除額になることが分かりますね。
ですから、認定住宅を目指したお家を建てたほうが家計にやさしいわけです。
そこで、認定長期優良住宅と認定低炭素住宅についてお話しします。


まず、長期優良住宅は、文字通り、長期にわたって良好な状態を保てるよう講じられた優良住宅のことです。
ですから、構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理、省エネルギーにそれぞれ基準が定められていて、省エネルギーについては、省エネ基準の一次エネルギー消費量を10%下回らなければなりません。

 一方で、低炭素住宅は、二酸化炭素の排出の抑制に資する住宅のことであり、主に、省エネ基準を満たせればよいので、長期優良住宅よりも建築コストは下がると言われています。
ただ、HEMSの導入・節水対策・木材の利用・ヒートアイランド対策など低炭素化に資する措置が講じられていなければなりません。


 「住宅ローン減税」制度を受けると、金銭的な負担を軽減できます。
その際には、認定住宅を目指した住まいづくりをすると良いでしょう。

家計にやさしい住まいづくり!!今こそ、ZEH仕様のお家を目指そう!!

2017/12/27

 日本政府は「2020年までにZEHを標準的な住宅にする」と目標を掲げていています。
実はこの目標は世界の国々が既に導入している高性能な住宅の基準からすればとても低いレベル
の基準であることを皆さんご存知ですか?
ZEHは、「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の頭文字をとった略称で、エネルギー消費量が正味ゼロの住宅ことです。

つまり、エネルギー収支(使う電力−創る電力)をゼロにするお家のことを指します。
補助金が充実している「ZEH」は、まさに「家計にやさしい住まいづくり」だと言えるでしょう。

■「断熱」「省エネ」「創エネ」の3点の条件を満たそう!!

 ただ、エネルギー収支をゼロにするためには、「断熱」「省エネ」「創エネ」の3点の条件を満たさなければなりません。というのも、エネルギー収支をゼロにすることは、「断熱・省エネ」により「使う電力」を抑え、「創エネ」により「必要な電力を創る」ことを意味するからです。

・エネルギーロスを抑制しよう!!

 まず、ZEH基準を上回る断熱仕様のお家を目指しましょう。
ZEH基準の断熱性能は決して高い性能ではありません。
天井や壁、床の断熱材を厚くすることで、住まいの省エネ性能を高められます。
また、木は熱を伝えにくく、断熱性に優れています。

木の熱伝導率を1にしたとき、コンクリートは約13倍、鉄は約440倍まで及ぶことからも、木は断熱性に優れた素材だと言えるのです。
そして、実は、住まいの中で最も熱損失が大きいのは窓だと言われているので、断熱性の高いガラスやサッシを使うことで、エネルギーロスを抑制する必要があります。

・エネルギーを効率よく活用しよう!!

 次に、自宅で発電し、効率よくエネルギーを活用できるようにしましょう。
太陽光発電に家庭用燃料電池や蓄電池を組み合わせると、毎日の生活に必要な電気を自宅で作り、蓄えることが出来ます。
最近では蓄電池を設置する代わりに電気自動車を導入されることも増えてきました。
万が一の停電時に電気自動車のバッテリーを蓄電池として利用出来るのです。

また、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)という装置を設置することにより、住まいのエネルギー消費量を上手に管理することで、ZEH仕様のお家をより省エネにします。他にも、高効率エアコン・LED照明・エコキュートなどの省エネ機器をそろえる必要があるでしょう。


 ZEH仕様の住宅を目指すとなると、初期費用が高くなります。
ですが、長期的に見ればお得ですし、補助金も充実しているため、質が高く家計にもやさしい住まいづくりを実現できます。
そして何より快適で、健康で長生き出来るという金銭面だけではないメリットも沢山あります。

家計にやさしい住まいづくりが実現できる!高性能住宅とは?

2017/12/13

皆さんは家を建てるのであればどのような家にしたいですか?
「安心して暮らせる家づくりをしたい!」と考えるのはあたりまえですよね。

その「安心な暮らし」の1つに、費用の心配がないこともあげられるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、高性能住宅が家計にやさしい住まいづくりを実現できる理由と高性能住宅のメリットについてご紹介したいと思います。

◆家計にやさしい高性能住宅とは?
高性能住宅がなぜ家計にやさしいのかというと、自然エネルギーを活用することによって、エネルギー消費量を抑えられるからです。

これらのエネルギーは、毎月ランニングコストでかかってしまうのですが、毎月のエネルギー消費量を抑えられたら、かなりの費用が節約できるので、家計にやさしい住まいとなります。

◆高性能住宅のその他のメリットとは?
高性能住宅は家計にやさしいということ以外にも、メリットがあります。

・部屋ごとの温度差が小さくなる
部屋ごとの温度差が大きいと、ヒートショックが起きる可能性が大きくなります。
高性能住宅は部屋のごとの温度差を小さくできるので、ヒートショックが起こる確率を下げられます。
まさに身体に優しい安心安全の住まいと言えるのではないでしょうか。

・地球に優しい
エネルギー消費を抑えられることは、地球にやさしく、環境保全につながります。
最近では、地球温暖化の問題など、エネルギーを節約することが奨励されています。
ぜひ、高性能住宅に住み、環境保全に貢献してみてはいかがでしょうか。

・夏涼しく、冬暖かい
夏に涼しく、冬は暖かいというのは、とても魅力的ですよね。
高性能住宅はそのような環境を作り出せます。
家の中の温度は、健康に及ぼす影響も多大ですので、高性能住宅にすることによって、日々の生活を健康で快適に過ごせるでしょう。


◆まとめ
いかがでしたか?
高性能住宅が家計にやさしいだけでなく、身体にもやさしく、快適で安心安全な住まいづくりを実現できる理由についてご紹介しました。
将来において光熱費が少なく抑えられ、地球環境の保全にもなるいいとこづくめの高性能住宅を是非ご検討ください。
前のページへ次のページへ

▲ページのトップに戻る

〒615-8106 京都府京都市西京区川島滑樋町37番地の1

● 京都府知事許可 (般-24)第4938号
● 京都府知事免許 (12)第3801号
● 京都府知事登録 1級建築士事務所 (26A)第02430号

リフォームでも新築でもお気軽にお問い合わせください。TEL:075-392-1234
対応エリア一覧
対応エリア一覧

京都市を中心にサービスを展開しております。
(西京区・右京区・下京区・南区・中京区
・上京区・北区・伏見区・東山区・山科区・左京区)
向日市・長岡京市・大山崎町…他

上記エリア以外でも対応できる場合がございます。まずはご相談ください。