新築・建て替えをお考えの方へ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)って何?

    ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略。
    住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、高効率な設備を導入すること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、
    年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅です。
    政府は2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を
    標準的な新築住宅とすることを目指すという目標を発表しています。

  • メリット1 家計にやさしい
  • 断熱性能を向上させ、エネルギーロスを最小限におさえることにより、光熱費を節約出来ます。
    さらに税制優遇も期待出来ます。

  • メリット2 家族の健康にやさしい
  • 冬暖かく、夏涼しいとても快適な生活が出来ます。
    室内環境を快適にすることで、ヒートショック、結露、カビ、アレルギーの軽減に繋がります。

  • メリット3 地球にやさしい
  • 節電、節水、太陽光発電などの省エネ効果でCo2削減に貢献できます。

  • ZEHは補助金が交付されます。
  • 新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。2012年から開始し、これまで約8500組のお客様が補助金を受けZEH仕様を導入しています。これからお住まいのスタンダードをおトクに叶えられるチャンスです。平成28年度は国の補助金制度(一律125万円)が利用できます。

    補助金申請ができる住宅は「ZEHビルダーとして登録された会社が設計・建築・販売」する建物だけ!

    松本工務店のZEH目標公表資料はコチラ

松本工務店の家づくりのコンセプト:安心・安全・健康な家

photo

私たちの住む京都は冬は底冷え、夏は蒸し暑い盆地特有の気候です。
どちらかというと住みやすい環境ではありませんが、この気候こそが四季折々の自然の美しさを演出する要因でもあります。日本の家屋は夏を旨とすべしという言葉があります。古くからある京町家と呼ばれる建物もいかに夏を涼しく過ごすかの工夫が随所に見られます。
一方、冬の寒さ対策は決して充分と言えるものではありません。
現代の家は冷暖房が完備され昔の建物と比べて大変過ごしやすくなっていますが、
エネルギーをたれ流しているのが実情です。

photo

実は日本の住宅は海外の住宅と比べてとても燃費が悪い光熱費をたくさん消費する住宅なんです。その上、冷暖房した部屋だけが快適で一歩廊下に出ると寒かったり、暑かったり…
この温度差こそが健康に影響をおよぼすヒートショックと呼ばれるものです。
このヒートショックが原因のひとつである家庭内の浴室での高齢者の死亡事故はダントツで日本が多い事実をみなさんご存知でしょうか?
家庭内での温度のバリアフリー化は高齢者社会の日本では急務の課題です。

原発事故以降、エネルギー価格はこの先も必ず上昇していくと言われています。
また、太陽光発電等により、エネルギーの自給自足が簡単にできるようになりました。

これからの家は・末永く安心安全に健康で暮らせるか・いかにエネルギー消費を抑えるか、・いかにエネルギーを自給自足していくかが最も重要と考えます。

松本工務店が目指す安心・安全・健康住宅・8つの方針

  • 1.SW工法を採用し、高気密、高断熱を実現します。(同時に耐震性もアップ!)
  • 2.熱交換換気システムを導入し、エネルギーロスを削減します。
  • 3.自然の恵みを生かして冷暖房の利用を抑える設計をします。
  • 4.太陽光発電、エコキュート等の省エネ・創エネ設備を導入します。
  • 5.建てる前に家の性能や効果をシミュレーションして確認します。
  • 6.省エネモニターでエネルギーの無駄をチェック出来ます(省エネに対する意識が高まります)。
  • 7.仕上げ材には自然素材を極力採用し、安心かつ健康的な生活をしていただける提案をします。
  • 8.高価で過剰な設備投入はしません

上記8つにより健康、快適な暮らし・おトクな暮らし、地球にやさしい・家計にやさしいを実現します。

新築S邸:高気密・高断熱の住宅

photo

photo

photo

photo

photo photo photo photo

窓は全て樹脂複合サッシ+トリプルガラスを採用1年中、家中同じ温度にできるため、LDKに吹き抜けがあっても全く問題なく快適です。

2015年度に近畿2府4県+北陸3県で建てられたSW工法住宅の中で最も断熱性能が優れているということで表彰を受けました。

▲ページのトップに戻る

〒615-8106 京都府京都市西京区川島滑樋町37番地の1

● 京都府知事許可 (般-24)第4938号
● 京都府知事免許 (12)第3801号
● 京都府知事登録 1級建築士事務所 (26A)第02430号

リフォームでも新築でもお気軽にお問い合わせください。TEL:075-392-1234
対応エリア一覧
対応エリア一覧

京都市を中心にサービスを展開しております。
(西京区・右京区・下京区・南区・中京区
・上京区・北区・伏見区・東山区・山科区・左京区)
向日市・長岡京市・大山崎町…他

上記エリア以外でも対応できる場合がございます。まずはご相談ください。